【投稿者】金音痴様(49歳男性)による口コミの体験談です

銀行系のカードローンやキャッシング枠を利用して、債務が広がった私はついに過払い請求を検討することにしました。
今から5年ほど前のことです。
実際勤務先にも次々に催促の電話がかかってくるようになり、上司からも同僚からも冷たい視線で見られていたこともあり、「このままでは全てを失う」と思った私は、とりあえず至急対応してくれそうな法律事務所をネットで調べ依頼しました。
しかし良く考えてみれば、このときにもう少し他の法律事務所をあたり、比較検討をしておくべきだったと、後で考えてもあとの祭りでしたが、そのときは、日に日にエスカレートする催促の電話をどうするかということで頭がいっぱいでした。

最初に提示されたのは、「1件につき3万円の着手金」でした。
「お金が無くて払えなくて困っているのに」と思いました。
でも確かに法律事務所側からすれば動くのに多少なりとも経費はかかるわけですから、致し方ないことでしょう。

ちなみに払えない場合は一部を入金して、残額は取り戻した過払い金から支払うということで話は落ち着きました。
でもその時ですでに5社ぐらいの消費者金融からの借り入れ履歴があった、私は約15万円くらいを持って行かれたわけです。
しかしその成果もあってそれから2〜3日以内に全ての催促はストップしました。

そして全ての処理が終わるのに約1年ほどかかりました。
消費者金融業者によっては、素速く対応してくれたところもありましたが、逆にこちらへの怒りからかずいぶんともめて時間がかかった業者もいました。
そして、一番新しい借入額が大きかった業者は、過払い金を請求しても借り入れ金を清算できずに、結局足りない分は支払わなければいけない状況となりました。
それでも他社の過払い金が幾分あったのでこちらが新たにお金を支払うということは避けることができました。
このようにして私の過払い請求は完了しました。